スキンクリニック

子供(高校生まで)のわきがレーザー治療。土日受診可能です。治療後はすぐに帰宅できます。学校や体育の授業を休まなくてOK!普段通りの学校生活が送れます。傷跡や腫れナシ!初回お試し1回38,500円(税込)。初診お試し2回66,000円(税込)。カウンセリング無料・麻酔代・処置代すべて込み。※1回の治療でも減臭効果が得られます。※カウンセリングには保護者同伴が必要です。
スキンクリニック
スキンクリニック全国総合案内0120-58-9696

子供のわきが治療(小学生~高校生の方)

ワキガの元となるアポクリン腺は第二次性徴が起こる思春期を迎えると発達してきます。最近では小学校3、4年生でこの第二次性徴が起こることもあり、この時期に学校でのいじめなどを気にされ来院される方が多くいらっしゃいます。当院で採用するわきがレーザー治療は、アポクリン汗腺が小さく、皮膚が薄く浅いところあるに子供にはとても有効な治療方法です。脇毛が無い状態なのも優位な点です。早めの施術が効果的な治療結果に結びつきますので、臭ったらすぐ、まずカウンセリングにいらしてください。術後のダウンタイム(キズや腫れ)がなく学校生活も普段通りに過ごせます。平日昼間の保護者だけのカウンセリングも多くいらっしゃいます。

わきがレーザー治療の特徴

レーザーを照射するだけの施術で、わきがの臭いの元になるアポクリン汗腺を破壊し、わきが臭を治療、汗も軽減できます。

汗を出す汗腺は2つあります。全身に分布して身体全体から汗を出し、体温調節の働きをする「エクリン汗腺」と、 わきの下、股間、耳の中 、乳首のまわりなどに特定の場所に集まっている「アポクリン汗腺」です。 「アポクリン汗腺」から出る汗はベトベトと粘り気があり、たんぱく質・脂質・鉄分・色素などから できています。やや黄色味があり、ニオイもあり、汗じみ・黄バミ、そしてわきがの原因となる汗です。

このアポクリン汗腺は皮脂腺と毛穴につながっていて、アポクリン汗腺から出た汗が皮脂と混ざり合い、 さらにさまざまな雑菌が付着して、わきが特有のイヤな臭いになるのです。

つまりアポクリン汗腺自体をレーザー治療で破壊してしまえば、ワキガの臭いを元から改善することができます。また汗も軽減できます。

当院のレーザー治療では、クリーム麻酔(動画参照)のみで注射をすることもなく痛い治療ではありません。施術後の患部は軽い赤み程度(動画参照)でダウンタイムもほぼありません。傷を残すことがなく術後の制限もないので、子供の日常生活の中で治療が行いやすくなりました。


子供の治療の目安

1回の治療で効果を実感される方もいますが、より効果的かつ安定的な治療結果を目指すためにも回数を重ねていただく必要があります。軽度から中等度の症状の場合3~4回、重度や再治療(他院からの)で4~5回の治療が標準的な治療回数です。とくに臭いが気になる場合や各々の目指す治療結果により6回以上治療を重ねるケースもありますが、若年層の場合は概ね終了します。治療間隔は2週間以上空ければ問題なく行うことができ、標準的な治療期間は2~3ヵ月になります。
治療そのものはダウンタイムや施術後の制限がほとんどないので、体育や部活動等の日常の学校生活に支障をきたさず治療を行えます。また修学旅行や運動会などの学校行事の都合がある場合は期間やスケジュールを考慮しますのでご相談ください。

治療の目安


わきがレーザー治療の流れ

カウンセリング当日処置も可能です。(ご希望の方はご予約の際にお伝えください)
治療はトータルで約1時間です。

  • カウンセリング
    医師がわきが・多汗症の症状を確認し、レーザー治療の適応状態、照射範囲を確認します。
  •  
  • マーキング
    照射部位をマーキングします。
  •  
  • 麻酔クリーム
    麻酔クリームを治療部位に塗布します。(注射による麻酔は必要ありません。)
  •  
  • レーザー照射
    臭いや汗の元となるアポクリン汗腺を破壊するレーザーを患部に照射します。
  •  
  • 終了
    腫れもなく、切らない治療なので包帯や番絆創膏の必要なく、そのままお帰り頂けます。
  •  
  • 施術後に圧迫や固定の必要が無く、ダウンタイムの無い治療
    固定や圧迫の必要が無く術後はすぐに帰宅できます。
    ダウンタイムがなく、施術の当日からシャワーが可能です。

わきが治療の比較

メリット デメリット ダウン
タイム
子供への
適用
麻酔 備考
スキンクリニックの
レーザー治療
反復施術で広い面での照射治療を行うことにより、アポクリン汗腺を全体的に破壊していき、ムラのない治療ができる。 照射の度にアポクリン汗腺にダメージを与える治療のため、複数回の治療が必要。 ダウンタイムは特に無く、シャワー、軽いスポーツ等は当日から可能です。 クリーム麻酔 子供のわきが治療では第一選択の施術となっています。
スキンクリニックの
PMR法
1回の手術でアポクリン汗腺を確実に除去し完全に完治できます。生涯において再発の可能性はありません。 傷跡は目立たない程度ですが、カニューレを挿入する数ミリの切開が必要。 ワキを濡らさなければシャワーは翌日から可能です。圧迫帯による固定と抜糸は1週間後になります。 × 部分麻酔 大学病院のわきが治療にも採用されている術式で症例数が豊富です。
他の照射系治療 1回の施術で切らずにわきがの臭いを抑えられる(減臭治療)治療としては効果的です。 1~2回の施術ですべてのアポクリン汗腺を破壊することは難しいので、臭いが残りやすいのと再発する可能性も残します。 腫れが治まるまで数日かかり、術後のダウンタイムがあります。 部分麻酔
or
静脈麻酔
or
全身麻酔
ミラドライ、ビューホット、超音波系治療が該当します。
他の切除系治療 わきがの患部を除去する根治手術は、医師の技術が正しければ確実に完治できます。 医師の経験不足でアポクリン汗腺の取り残しによる再発、大掛かりな切開手術によるダウンタイム(入院)や傷跡などが残るなど不安があります。 圧迫帯によるワキの固定と1週間程度のダウンタイムがあり、抜糸が必要です。入院が必要なケースもあります。 × 部分麻酔
or
静脈麻酔
or
全身麻酔
イナバ式削除法等切開手術、剪除法による保険治療が該当します。

わきがとは

わきがとは、正式には「腋臭症」といい、わきの下から出る臭いで、周囲に不快感を与えてしまうことです。主としてわきの下にあるアポクリン汗腺から分泌された汗の成分が、皮膚の表面の細菌によって分解されたときに、独特の鼻につく臭いを発生します。欧米では多くの人がわきが体質といわれ、単に生理的な現象としてあまり問題にならないようですが、日本では少数派のため、かえってわきがで悩んでいる方が多くいるようです。また、臭いは気にならないけれど、わきの下(手足、顔の場合も)の汗が多く、衣服への汗じみが気になるといった症状を多汗症といって区別しますが、多くの場合、わきがの方には多汗症の傾向があるようです。

施術費用について

【治療の目安】1ヵ月に1~2回/小学生で3~4回、中高生で3~5回が標準的な治療回数です。

  • 子供のわきがレーザー治療1回/66,000円(税込)
  • 子供のわきがレーザー治療3回セット/181,500円(税込)
  • 子供のわきがレーザー治療6回セット/330,000円(税込)

※18才以下の方
※カウンセリング無料
※麻酔代・処置代すべて込み
※3回セットは1回目施術より半年が期限になります。
※6回セットは1回目施術より1年が期限になります。

よくある質問

治療時間はどのくらいかかりますか?
クリーム麻酔が約30分、レーザー照射は両わきで5分程度です。
痛みはありますか?
麻酔クリームを塗ってのレーザー照射なので施術中の痛みは心配ありません。大人の方は脇のレーザー脱毛程度の感覚と例える方もいます。施術後は個人差がありますが、当日は少し腫れぼったい違和感が残る場合がありますが翌日にはなくなります。
治療後の日常生活は?
包帯や絆創膏などの処置もなく、治療したその日からシャワーも可能です。
汗も減りますか?(多汗症への効果はありますか?)
汗腺組織にダメージを与えていくので汗の量も減らせます。
再発はしませんか?
汗腺組織を破壊していく治療なので、一度破壊した汗腺組織は元に戻らないので再発はありません。
治療跡は残りますか?
切ることもなく、注射もしないので跡は残りません。
一回の治療でどのくらい臭いがおさまりますか?
個人差はありますが、1回目の治療後、自覚できる程度に臭いが軽くなったと感じられる方もいます。しかし、一度の治療ではアポクリン汗腺を十分に破壊することはできないので、4~8回程度の反復治療が通常です。
何回、治療が必要ですか?
通常は3~5回を目安にしていますが、臭いの程度や患部の範囲、目指す治療結果により個人差があります。
他院の治療で再発した場合、再治療はできますか?
可能ですが、受けられた治療内容にもより、治療回数の目安も違ってきます。
わき毛はなくなりますか?
脇毛はなくなりませんがレーザー脱毛の併用は効果的です。同日に施術できますのでご相談下さい。

ごあいさつ

スキンクリニックグループ総院長 石井 良典

スキンクリニックグループ総院長
石井 良典

  • 昭和63年 日本大学医学部卒業
  • 平成 4年 大宮スキンクリニック開院
  • ◆日本臨床皮膚外科学会 理事
  • ◆日本抗加齢美容医療学会 理事
  • ◆日本臨床毛髪学会 理事

わきが臭は、自分では気付かずに周りに不快な思いをさせていたり、自分自身が臭いを気にしすぎていてさほどでもない場合とあります。 体臭は人種によっても異なり、欧米人では70~80%がわきが体質ともいわれますが、日本人はまだまだ体臭を嫌う傾向があるのは否めないですね。 日本人にわきが体質が増えてきた理由は、高脂肪、高タンパク質、高カロリーの肉類中心の食生活が一つ原因にあげられます。現在では日本人の8~10%わきが体質ともいわれています。そして、わきが治療のご相談に来られる方のほとんどが、家族の中の誰かがわきが体質ということです。わきが体質は遺伝します。
自分なりに体臭を抑えるなら、汗をかく部分を清潔に保つ、制汗作用のあるデオドラントスプレー、肉食から魚、野菜中心の食生活にし刺激物避ける等があります。しかしこれらは一時的なもので、わきが体質自体を根治するには専門の治療が必要になります。

病院によって採用している治療の方法は様々ですが、現在に至るまで、わきが・多汗症を完治させるためには、手術という選択肢しかありませんでした。しかし、スキンクリニックでは長年わきが・多汗症治療に携わった経験から、 切らずにレーザーを照射するだけで、わきがの臭いの元となるアポクリン汗腺が破壊でき、汗も大幅に軽減できる治療方法に取り組みました。
切開をしないため患部にキズが残ったり、腫れたりすることがなく、ダウンタイムがありません。 手術後の圧迫や固定をすることなく包帯やテープ(絆創膏)も必要ありません。
わきが・多汗症治療における選択肢が増えたことにより、今まで手術への抵抗で治療を敬遠されていた方にも施術を受けていただけます。


スキンクリニック全国共通フリーダイヤル
0120-58-9696

病院案内

新宿東口スキンクリニック

所在地
〒160-0022 東京都新宿区新宿3-21-6龍生堂ビル5F
◆JR山手線/新宿駅(東口)より徒歩3分
◆東京メトロ丸の内線/新宿駅(東口)より徒歩3分
◆西武新宿線/西武新宿駅(北口)より徒歩5分
◆都営地下鉄/大江戸線 新宿西口駅(B10出口)より徒歩10分
電話番号
新宿院直通 03-5379-0229
医師
伊藤 芳憲
受付
火・水・金・土/10:00~19:00
日・祝/10:00~17:00 月・木曜休

大宮スキンクリニック【健康保険取扱医療機関】

所在地
〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町1-36見留ビル3F
◆大宮駅東口より徒歩4分
電話番号
全国共通 0120-58-9696
大宮院直通 048-646-0233
医師
石井 良典
受付
月~土/10:00~19:00
祝/10:00~17:00 日曜休

名古屋皮膚科クリニック

所在地
〒460-0008
愛知県名古屋市中区栄4-14-19富田ビル4F
◆名古屋市営地下鉄東山線 栄駅(13番出口)より徒歩2分
電話番号
全国共通 0120-58-9696
名古屋院直通 052-263-9958
医師
小田島 貴美
受付
11:00~18:00(予約制) 火曜、第2・4木曜休

森美容皮フ科クリニック(京都スキンクリニック)

所在地
〒600-8028
京都府京都市下京区河原町通松原下る植松町717幸兵ビル6F
◆阪急河原町駅より五条方面に徒歩5分 河原町通沿い 1F駐車場
電話番号
全国共通 0120-58-9696
京都院直通 075-361-2171
医師
森 真理
受付
10:30~18:00(予約優先制)

博多天神スキンクリニック

所在地
〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神1-13-19天神MARUビル9F
◆福岡市営地下鉄  天神駅(東2出口)より徒歩2分
電話番号
福岡院直通 092-738-7338 
院長
臼井 麻美
昭和63年 浜松医科大学医学部医学科 卒業
平成18年 博多スキンクリニック勤務
受付
10:00~19:00(日曜日診療可) 火曜休

医師紹介

美容外科部長

臼井 麻美 医師

近年、美容外科は日々進歩し、ダウンタイムの少ない方法からメスを使う手術まで治療方法は多岐にわたりますが、形成外科 皮膚科両方の経験を生かし一人一人の患者様に一番適切な治療を行えるよう丁寧なカウンセリングを心がけております。

  • 昭和63年 浜松医科大学医学部医学科 卒業
  • 平成18年 博多天神スキンクリニック
  • 浜松医科大学皮膚科形成外科診療班を経て、大手美容外科名古屋院、広島院長を歴任しスキンクリニックグループへ。

美容外科部長

森 真理 医師

  • 平成23年 京都府立医科大学医学部 卒業
  • 令和2年 森美容皮フ科クリニック(京都スキンクリニック)

伊藤 芳憲 医師

  • 昭和53年 昭和大学医学部 卒業
  • 平成24年 新宿東口スキンクリニック

小田島 貴美 医師

  • 昭和63年 日本大学医学部 卒業
  • 令和4年 名古屋皮膚科クリニック