「成分の98%が水」自然な感触・柔らかさ・弾力。アクアフィリング豊胸術。1cc 3,000円(税抜)から。安心の素材で手軽なバストアップ・バストデザイン!持続:一度の施術で3~5年程度の長期持続。持続性にたいへんすぐれています。自然:本物のバストのような柔らかさ・弾力で2カップ以上のボリュームアップ。安心:98%の水分と2%のポリアミドで構成されたフィラーを注入します。

新宿院限定キャンペーン中!
1cc 2,900円(税抜)

アクアフィリングとは

アクアフィリング(AQUAfilling)は欧州で開発され、2004年から7年間臨床研究を行い、安全性・持続性が認められているフィラーです。98%の水分と2%のポリアミドで構成されており、成分のほとんどが水分です。アクアフィリングフィラーをバストに注入することで、形や大きさを整えることができます。持続期間は3~5年と長期的で、さらに本来のバストのような柔らかさや弾力を出すことにとても優れています。ヒアルロン酸バストアップのような手軽さと、脂肪注入のような自然な仕上がりを併せ持った最新の豊胸術です。

アクアフィリングはこんな方におススメです

本来のバストのような自然な柔らかさ・弾力でバストアップしたい方。メスを使用せず手軽にバストアップしたい方。注入治療で長期的な効果を求める方。左右非対称のバストを控えたい方。2カップ以上のバストアップをご希望の方。垂れたバストを整えたい方。周囲に気付かれずにバストアップしたい方。

アクアフィリングの特徴1

98%が水分でできた安心のフィラー

アクアフィリングは、98%の水分と2%のポリアミドでできています。ほとんどが水のため人体組織へのなじみが良く安全性に優れています。外部物質ではないため、ゲルの移動、断片化やカプセル形成、炎症や浸潤もありません。従来の注入豊胸において最大のリスクであった拘縮やしこりのようなデメリットもなく、安心して施術を受けることが出来ます。また、生体分解性があり生理食塩水を加えることで分解されますので、万が一取り出したくなったときも、他の施術に比べ容易に体外に排出することができるのもメリットのひとつです。


■98%が水分だから人体と馴染みがよい

人体の構成成分はほとんどが水分ですが、アクアフィリングも同様にほとんどが水成分であるため、注入後に周囲組織の馴染みがよく、安全性に優れている上に長期的に自然な柔らかさや弾力を出すことが可能です。注入後は、水とポリアミドの間の水素結合がゆっくりと分解され、徐々に減少し注入前の状態に戻ります。その後残ったポリアミドは体内の免疫細胞により処理され、最終的には尿として排出されるため人体に残ることはありません。

■カプセル形成・ゲルの移動、断片化、浸潤がない

体の免疫反応により、注入剤が「異物」として認識された場合、それを囲むようにカプセルと呼ばれる厚い被膜が体内で生成されてしまいます。カプセル形成が起こると硬さがでますが、アクアフィリングは人体組織へのなじみが高く、異物として認識されないため極々薄い偽被膜ができるのみでカプセルが形成されず、自然な感触のバストアップが可能です。さらに人体組織へのなじみが高いことから注入したフィラーが体内で移動したり、浸潤する心配もありません。

アクアフィリングの特徴2

3~5年と効果が長期的に持続する

効果は施術後すぐに実感できます。アクアフィリングは親水性・生体分解可能ゲルであるため人体に適合性があり、一度の施術で約3~5年と長期的に効果が持続します。従来のヒアルロン酸注入よりも治療効果が長期持続するため、継続して行う場合はコスト的にも優れた施術です。

アクアフィリング 従来のヒアルロン酸 脂肪注入
サイズアップ 3~5年 半年~1年 半永久的

アクアフィリングの特徴3

脂肪注入のような自然な柔らかさと弾力

アクアフィリングリフトは、人体組織との親和性が高いため、従来の豊胸術のようにフィラーと人体組織の間に厚い膜が作られることがありません。そのため本来のバストと変わらない柔らかさや弾力を持たせることが可能です。脂肪注入でも同じような感触を持たせることができますが、脂肪吸引手術が必要であり、注入した脂肪細胞が壊死し、固くシコリになるリスクや細身の方、手術を望まない方には不向きです。その点、アクアフィリング豊胸術は注入するだけの治療なので、手軽に自然なサイズアップをされたい方・周囲に知られたくない方・人工のバックに抵抗のある方などにとても適しています。

アクアフィリングの特徴4

2カップ以上のバストアップが可能

自然な感触でバストアップでき、脂肪注入では難しかった2 カップ以上のバストアップもアクアフィリングでは可能です。

アクアフィリング 従来のヒアルロン酸 脂肪注入
サイズアップ 2カップ以上 1~2カップ 1~2カップ

※アクアフィリング豊胸術で3~4カップのバストアップの場合、施術を2回に分けて行うことをおすすめする場合があります。

アクアフィリングの特徴5

自由なバストデザイン

バストのお悩み・ご自身の体型・ご希望の形や大きさなどにあわせたバストデザインが可能です。

■アクアフィリング豊胸術の治療例

  • 小さいバスト
    全体的に注入してボリュームアップさせます。
  • 下向きのバスト
    バスト下部に注入してボリュームアップ・引き上げをします。
  • 左右の大きさが違うバスト
    バスト片側に注入して左右の大きさを調整します。
  • 谷間を作る
    バスト中央部に注入し谷間を作ってボリュームアップさせます。
  • 下垂したバスト
    バスト上部に注入してボリュームアップ・引き上げをします。
  • グラマラスなバスト
    バスト外側に注入し外国人のようなグラマラスなバストにします。

アクアフィリングの特徴6

追加注入でメンテナンス可能

施術1~2年後、効果が完全になくなる前にメンテナンス感覚で注入ができます。その時の体型やバストラインに合わせ部分的に補充することもできます。


施術例紹介

  • 症例紹介写真1
  • 症例紹介写真2
  • 症例紹介写真3
  • 症例紹介写真4
  • 症例紹介写真5

施術方法

部位や注入量によりますが、施術は約30分~40分、麻酔などを含めトータルで2~3時間程度です。

1、ドクターカウセリング
医師が患者様のご要望(具体的にどれくらいのサイズアップがご希望か、解消したいバストのお悩みなど)を伺い、最適な注入量や注入部位を決定します。また施術やアフターケアについてもドクターから十分な説明を行います。
2、デザインをマーキング
カウンセリングで決定した内容をもとに、注入部位にマーキングしていきます。
3、麻酔
施術部位を消毒、部分麻酔をします。施術中の痛みの心配はありません。施術後は1時間程度お休みいただき、そのままお帰りいただけます。
4、アクアフィリングフィラーを注入
バストの下端から、アクアフィリングフィラーを注入していきます。立体的に注入していくことで、自然なバストラインを形成します。また、注入はバスト下の影になる部分やわきの下など、なるべく目立たない箇所から行います。

施術後のアフターケア・ダウンタイムについて

痛み
部分麻酔をしますので、施術中はほとんど痛みを感じることはありません。術後の痛みには個人差がありますが、痛みどめを処方いたしますのでご安心ください。
傷跡
注射なので傷は目立ちません。またバスト下やわきの下など目立たない個所から注入を行いますのでご安心ください。
腫れ
体質によって腫れや内出血が出る場合があります。個人差はありますが、内出血や腫れが出た場合、おおよそ1~2週間程度で落ち着きます。
通院
必要ありません。
シャワー/入浴
シャワーは当日から、入浴は1週間後から可能です。
その他
術後1か月間は、なるべくバストの圧迫や締め付けを避け、バストを強く押す・揉むなどはしないでください。ブラジャーは1サイズ大きいノンワイヤーのソフトタイプものを選んで着用してください。


施術費用

両胸100cc
320,000円(1cc 3,200円)
両胸200cc
640,000円(1cc 3,200円)
両胸300cc
960,000円(1cc 3,200円)

(表示価格はすべて税抜)
※名古屋・博多院を除く

  • ドクターカウンセリング無料
  • 完全予約制

新宿院限定キャンペーン中!
1cc 2,900円(税抜)