尋常性白斑・乾癬・掌蹠膿疱症のエキシマライト治療

※新宿・大宮院のみの施術となります

尋常性白斑・尋常性乾癬・掌蹠膿疱症・円形脱毛症の 最新のターゲット型メル(MEL)治療「エキシマライト」を新宿、大宮院に導入

白斑(白なまず)や乾癬など皮膚疾患の紫外線治療として現在知られているものには、PUVA療法や近年注目を集めているナローバンドUVB療法があります。エキシマライト光線療法とは、それらの紫外線療法よりさらに効果の高いと言われている308nmの紫外線を患部に照射して処置する最新の光線療法です。308nmを選択的に照射することで、従来の紫外線療法(PUVA、ナローバンドUVB)よりも少ない回数で改善効果を認めやすく効果の持続も長いと言われています。また従来の紫外線療法で改善しにくかった皮膚病変にも効果があることが確認されています。


エキシマライトの効く疾患

  • ■尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)
  • ■乾癬(かんせん)
  • ■アトピ―性皮膚炎
  • ■円形脱毛症
  • ■掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)など

(尋常性白斑、乾癬、アトピ―性皮膚炎、掌蹠膿疱症には保険適応があります)

乾癬

乾癬に対しては、PUVA(外用、内服、バス)、ナローバンドUVB、を含め様々な治療を大学病院などで行ってきましたが、いずれも満足のいく効果を出すのに時間がかかっていたのが難点でした。エキシマライト療法は従来の紫外線治療(PUVA、ナローバンドUVB)よりもはるかに高い治療効果があるようで、今まででは考えられなかったような短い期間かつ少ない回数で劇的な効果が出ている患者さまもいらっしゃいます。

尋常性白斑

尋常性白斑は非常に難治性のため、今までの治療ではなかなか結果が出ず、治療自体をあきらめてしまった患者さまもたくさんいらっしゃいます。エキシマライト療法は従来(PUVA、ナローバンドUVB)よりはるかに治療効果の高い紫外線を照射するため、1回の治療あたり数秒~10秒程度と短時間であるにもかかわらず、何年も無治療だった白斑から色素再生が認められた患者さまもいらっしゃいます。とくに毛穴のある部位(顔、腕、すね)は早期に色素再生を認めています。


エキシマライトの特徴:ターゲット型光線療法

従来の蛍光灯による紫外線治療器に比べ、コンパクトな光源を採用し装置を小型化することによってピンポイントかつ強力な照射ができるようになりました。患部以外の健康な皮膚に紫外線を照射することなく、患部だけを安全かつ効果的に照射治療が可能です。他の治療と併用することが可能ですので、相乗効果で症状の更なる改善を期待できます。一回あたりの所要時間は数秒~数十秒であり、治療前の薬品の塗布や内服も必要ありません。

※皮疹が広範囲に拡大している時期の患者様の場合、外用療法・内服療法を組み合わせた全身的管理がとても重要となります。そのような患者様の中にはかかりつけの病院・皮膚科で従来の治療を行い、当院でエキシマライトの照射を併用されている方もいらっしゃいます。

どんな皮疹に効果的?

従来の紫外線療法が行われている皮膚疾患であれば効果がありますが、とくに顔や腕などに難治性の皮疹が残ってしまった患者様にこそおすすめです。白斑や乾癬の患者様にとって、人にみられる顔や手、腕、足などに残った皮疹はとても大きな心理的負担となります。そのような難治性の皮疹をエキシマライトで治療することにより、高いQOLを期待できます。

治療の流れ

まず診察を行い、照射範囲や強さを決定します。病変部周囲の正常皮膚を保護するためにクリームを塗り、エキシマライトを照射します。

  • ワンショットで最大6×5cmまで照射できます。
  • また所要時間は5~10秒ほどと短時間で、特に痛みなどはありません。
  • 洗顔や化粧、入浴などは当日から可能です。

副作用

今までの紫外線治療と同様に、過剰な照射をした場合にはやけどができることがありますが、患部のみに照射し健康な皮膚には照射しないターゲット型光線療法を行うことでリスクを限りなく低く抑えられます。

症例紹介

尋常性白斑(白なまず)

白斑は境界明瞭な完全脱色素斑です。白斑はメラニン色素をつくる細胞であるメラノサイトの消失あるいはメラニン色素をつくる機能の停止により生じます。一般的には外用療法や紫外線療法、皮膚移植など様々な治療が行われています。いままでの紫外線療法では白斑以外の健康な皮膚への照射が避けられず、周囲の皮膚とのコントラストがつき逆に目立ってしまうことが少なくありませんでした。エキシマライト光線療法では白斑にピンポイントに照射することで、そのようなデメリットを回避し、白斑部分のみを集中的に治療することができます。

尋常性乾癬(かんせん)

銀白色の鱗屑(ふけ、白いカサブタ)をともなう、くっきりとした紅斑が全身に出現します。大きさ、数、形は様々で、発疹がくっつきあって大きな病変を作ることもあります。皮膚の表皮を作るスピードが通常の10倍を上回り、ターンオーバーが短縮することで、どんどん表皮が増殖し角化が亢進している状態によって白いカサブタ状の皮疹を多く生じます。一般的に外用療法、紫外線療法、内服治療など行われますが、髪の生え際や手、肘、膝などの今までの治療法では効果の出なかった部位にエキシマライトを併用することによって、そのような皮疹のさらなる改善が期待されます。

掌蹠膿疱症の治療

掌蹠膿疱症は一見ウミがたまっているように見える(ばい菌は存在しません)膿疱と呼ばれる皮疹が手のひらや足の裏に数多くみられる病気で、周期的に良くなったり、悪くなったりを繰り返します。一般的に外用治療、内服治療、紫外線治療(PUVA、ナローバンドUVB)などがありますが、症状が良くならないような場合にもエキシマライトを併用すると効果的です。

アトピ―性皮膚炎

痒みを伴い慢性的に経過する皮膚炎(湿疹)ですが、その根本には皮膚の生理学的異常(皮膚の乾燥とバリアー機能異常)があり、そこへ様々な刺激やアレルギー反応が加わって生じると考えられています。外用療法、内服療法が主に行われていますが、紫外線療法を併用することで首や肘、膝などの部分的な強いかゆみを抑えることが可能です。なかでもエキシマライトはターゲット型光線療法なので、強いかゆみのある部分だけに適切に照射することのでき、余計な日焼けを起こすことの無い新しい治療法です。

円形脱毛症 (保険外治療)

コインのように円形に脱毛するのが基本ですが、一ヵ所と限らず多発することもあります。ときに頭全体の毛が抜け、さらに全身の毛が抜けることもあります。円形脱毛症の脱毛部では、どの毛穴も毛根が縮んで休止期のようになっています。その原因は、成長期の毛根が一様にリンパ球による炎症で壊されてしまうからです。ダメージを受けた毛穴から完全に生えてこなくなるわけではなく、リンパ球によるダメージが抑えられさえすれば元通りの毛が生えてきます。保険の適応となる治療は外用療法や内服、点滴療法などですが、治癒までに時間がかかることも多く患者様にとって大きな悩みの種でした。エキシマライトは円形脱毛症には保険適応外の治療法ですが、日本大学医学部附属板橋病院 皮膚科との共同研究の結果、円形脱毛症への改善効果が確認されました。従来の治療法にエキシマライトを併用することで、毛穴へのリンパ球によるダメージをさらに抑えられ、短い時間で治療していくことができるようになりました。

【円形脱毛症のエキシマライト治療】
1回5shots(1shots/5cm×6cm) 3,240円
追加1shotsにつき 220円

※消費税込※相談、診察は無料です。